About Project

AR+モーショングラフィックスの探究

We have started to create a new project that uses WOW’s specialism of motion graphics and AR (augmented reality). Our goal is to use AR to make any environment an art installation.

WOW has been working on a wide variety of video productions. Of these, we called “motion graphics” the image that adds texture, depth, and movement based on the graphic design, and repeated various trial and error. It is no exaggeration to say that this motion graphics forms the core of the WOW expression.

WOWが得意とするモーショングラフィックスとAR(拡張現実)を使った新しい作品の制作を開始しました。ARを使って、あらゆる環境をアートインスタレーション化することを目標としています。

WOWではこれまで多種多様な映像制作に取り組んできました。そのなかでも、グラフィックデザインをベースに質感や奥行き、動きを加えた映像を「モーショングラフィックス」と呼び、様々な試行錯誤を繰り返してきました。WOWの表現の中核を形成しているのはこのモーショングラフィックスと言っても過言ではありません。

Expression and technique are closely related. This has been clearly shown in the dramatic changes in fine art since the 20th century, as the techniques used to embody the artists’ feelings and ideas have changed over time.

One such technique is AR. Various media that can experience AR are rapidly becoming more popular, and it is possible to provide new experiences and values to users and places. What kind of sensations will users experience when AR introduces motion graphics into the real world? What kind of designs will we need?

The challenge for WOW’s new motion graphics begins.

表現と技術は密接に関わりあいます。それは20世紀以降の美術の大きな変動を見ても明らかで、作り手の想いやアイデアを、どのような技術で具体化するかは、時代とともに移り変わってきました。

そのひとつが、ARです。ARを体験できる様々なメディアは、急速に普及しており、ユーザーや場所に新しい体験や価値を与えることが可能となってきています。ARによって、現実世界にモーショングラフィックスが入り込んだ時、ユーザーにはどんな感覚が生まれるのか?どんなデザインが必要になるのか?

WOWの新しいモーショングラフィックスへの挑戦が始まります。

An investigation into AR and motion graphics